スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

続・紅葉の釣り。いつものI川

2008/10/17



いつもの札幌近郊・漁川。紅葉の中での釣りが続きます。
周辺の滝には多くの紅葉見物客が来ていました。





最初は、ボーズになるのではないかと焦った。
いつもと違って大きめのフライには出てくれないのだ。
小さいフライに変えると、そーっと上品に出てくれるようになった。

しかしフライが小さいか、写真に収めるサイズは出てくれなかった。

なんだか変わってきたなー。
今年の釣りもいよいよ終わりだろうか。





画像は、1号的な橋より上流の好ポイント。
バシャッと水中から黒い動物が飛び出した。一瞬ライズかと思ったが、、





ミンクかな?
釣った魚をもらえるのを期待してるのか、住家から顔を出して暫く釣りを静観していた。

当然このポイントでは釣れませんでした(笑)ヤラレタ

スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

エゾクロテンかも

kotechanさん こんにちは
最後の生き物の写真、よく撮られましたね。
イタチ科でエゾクロテンというのが居るそうで
準絶滅危惧種(ウィキペディアより)らしいです。
もしそれなら貴重な写真ですね。でも川魚とかをエサに
しているそうですから、この子を見かけたらその辺り
では釣れないでしょう。

魚影が薄くなっている気が

釣野さん、こんばんは。
近づいても全然逃げないので不思議でした。
そんな貴重な生き物だったらすごいですね(^^)
ただここは良いポイントなので嬉しさ半分、悲しさ半分です。。
このちょい上は最高のポイントと思いますが、立派なウグイが2尾釣れただけでした。
秋は魚がエサを盛んに食べると聞きますが、こう人気がある河川だと魚影が薄くなっている気がします。

時期的なものでは?。

kotechanさん、こんばんは。
I川は知らないので、コメントできませんが。
時期的なものなのでは?。
今時期は他の川でもそういう事が有りますので・・・。
写真のイタチはミンクでしょうね。
エゾクロテンは黄色ですから・・・。
黄色なのに、何故・黒???。

不思議です

halさん、こんばんは。
そうか時期的なことがあるんですね。
絶え間なく人が入ってるから秋にもなると川が疲弊してしまっているみたいな。
しかし今回は本当に魚の出方がいつもと違ってて、全然水面に顔を出さずにソーっとフライをさらっていく感じでした。不思議。
黄色なのにエゾクロテン。。これも不思議です(笑)

他人とは

kotechanさん こんばんは。
一番最後の写真、とても他人とは思えません。
彼も別な意味でお魚が好きなはずです♪

確かに

かげまるさん、こんばんは。
魚を求めて川辺を徘徊しているもの同士、確かに他人とは言えませんよね。
今回は先を越されて魚を横取りされてしまいましたが、次は負けられません(笑)

プロフィール

コテツ

Author:コテツ

HNを"kotechan"から"コテツ"へ改名しました!
<2015/04/19>

<2015年のフィッシュたち>
・ヤマメ - 22センチ(フライ)
・イワナ - 25センチ(フライ)
・ニジマス - 43センチ(フライ)
・アメマス - 40センチ(フライ)

<ベストフィッシュ>
・ヤマメ - 31センチ(フライ)
・イワナ - 39センチ(ルアー)
・ニジマス - 56センチ(ルアー、エサ)
・アメマス - 63センチ(フライ)
・オショロコマ - 25センチ(エサ)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。