スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

はじめまして、渓流釣りにハマりました。

はじめまして。

渓流釣りに興味を持ち出したのは2006年の夏頃でした。
釣り雑誌で美しいヤマメ、イワナを見てからです。

どうしても自分で釣ってみたくなり、ルアー用品を買い込みました。
キャスティングや川のことを独学で学びました。
友人を誘い出して札幌市内の豊平川上流へ繰り出してみましたが、全く釣れません。
ならばと管理釣り場へも行きましたがそれでもダメです。

それから他の川にも何度か通いましたが、
魚の気配を感じることもできぬまま、2006年のシーズンが終わってしまいました。

しかし渓流魚への憧れが尽きることはありませんでした。
それどころか逆に釣れないことが、渓流釣りが神秘的なものという気にさえさせたような気がします。

ネットの釣行記や雑誌を見て冬を過ごし、
2007年の春になりました。

ある日にネットで、道東の渓流ミャク釣り講習について知りました。
先生はプロの渓流釣りガイドさんでした。

初心者向けということもあり、
独学から抜け出すために札幌から通うことにしました。

まずは用品についてアドバイスをもらいました。

不器用で細かいことが嫌いな私でしたが、
ラインを結ぶなどの仕掛け作りについて、失敗しても全く苦になりませんでした。
プロのアドバイスを受けて準備していることで、
初めての一匹の予感がしていたのを覚えています。

そして講習初日、
車中、先生の釣りの話に必死に耳を傾けながら、オショロコマの渓へ向かいました。

川の前に立ち、言われたとうりに仕掛けを流します。

釣れました。1年思い描いていた光景です。
手ごたえと達成感は今も忘れていません。

オショロコマは簡単なターゲットですが、
"自分が渓流魚を釣った"という事実にとても感動しました。

そのあと、札幌に帰ってからも釣れました。
去年釣れなかった川でも釣れるようになっていました。

もっともっと楽しみたいので、フライも教えてもらいました。
そしてフライでも釣れるようになりました。
募った憧れの気持ちが、そのまま楽しい気持ちに変わっていました。
楽しくて仕方がなくなっていたのです。


何故突然こんなにもハマることになったのか、自分でもわかりません。
私の周りの人たちも、私が渓流釣りをやることに驚いています。

朝まで飲んでいたような週末が、
夜明け前に起きて渓流へ遊びに行くものに代わってしまいました。

雨が嫌いでしたが、好きになりました。

自然全般に興味を持つようになりました。

キャンプなどアウトドアにも興味を持つようになりました。

将来、子供と一緒に釣りを楽しみたい、海外釣行したいなど夢が広がりました。

一生の趣味です。
人生の生きがいが増えたと思いました。

同じように釣りやアウトドアが好きな方達と一緒に楽しみたいと思い、
ブログをはじめることにしました。

ちょくちょく更新していきたいと思います。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

スポンサードリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

コテツ

Author:コテツ

HNを"kotechan"から"コテツ"へ改名しました!
<2015/04/19>

<2015年のフィッシュたち>
・ヤマメ - 22センチ(フライ)
・イワナ - 25センチ(フライ)
・ニジマス - 43センチ(フライ)
・アメマス - 40センチ(フライ)

<ベストフィッシュ>
・ヤマメ - 31センチ(フライ)
・イワナ - 39センチ(ルアー)
・ニジマス - 56センチ(ルアー、エサ)
・アメマス - 63センチ(フライ)
・オショロコマ - 25センチ(エサ)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。