上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

先日の大雨で増水中の河川が多い。
比較的雨量の少なかった十勝川水系でフライフィッシング釣行。



釣り人が多いし、前日の入渓跡も多い。
周辺の釣り人が増水河川を避けてここに集まっているらしい。

少し水量が多め&濁っているので、ここではルースニング練習と決めた。






サイズはこの通りなんですが、力強さは一回り上だった。

しかしルースニングですが、
マーカー下は水深の2倍は取るもんで、場所によっては3mのティペットになる。
さらにオモリをつけるから投げづらいったらありゃしない。
バックが取れないと全然前に飛ばせないし。。

でもルースニングに頼りたい場面も多いので、備えて練習あるのみ。
いつかフライでニジ50upをゲットするためにも!







日が高くなってから然別川支流へ。
去年、一昨年とニジの数釣りが楽しめてる川です。

去年来たときより水量がかなり多いが大丈夫。
ここからはドライで。






ライズは全く無いけど流せばポンポン出てくる。

平均して25cmくらいだけど、良型40cmが一尾。
エルクヘアカディスを飛び越えられたが一呼吸置いてアントに変えてキャッチできた。

考えてみるとフライを始めた一昨年、ドライでこのサイズはチャンスも無かった。
去年は何度かチャンスはあったがダメだった。
フライを変えることなく焦って水面を叩き続け、ジ・エンドのパターン。

今年は水面を見つめながらフライを結び直す時間を楽しめるようになった。


スポンサードリンク

土曜日の午後。小樽は銭函川。

釣りに行かないつもりだったが、少し時間ができたので出撃。
4時間後には帰ってこなければならないが。
あ、焦る。。




フライフィッシングでのチャレンジです。

適当に車を停めて笹をかき分け入渓すると、思ったより川が小さい。
適当な流れに適当に打ち込んで、サクサクと釣り上がって行く。






ちょっとした溜まりからは反応があり、釣れるのはニジマス
小さいけど川相応でしょう。良し。





住宅地の裏なんだけど、湿度が高い森のトンネル。
気持ちいい森林浴でした。

川はまだまだ上があるが、ダムより上は急にチョロチョロ川になってしまっていた。
更に上はどうなっているんだろう。
また今度。

-------------------------------------------------------------------


日曜の午後。昨日よりは少し時間がある。
どうなっているか気になっていた豊平川支流、白井川へ。




やっぱりまだ水が多いねー。

川原が少ない&川底がヌメってるんで遡行がキツイんですこの川。






ちょっと流れが速くて残念なポイント多し。






沢の流れ込みでニジ。20前後の小ニジが数尾でした。
最後にバラした魚はイワナに見えたが?
本当にイワナだとしたらこの川で初めて見た。

てっきりヤマメが釣れると思っていたのに、期待はずれ。
以前ヤマメでいい思いをしたのはもうちょっと暑い時期だったかな。






行ったことのない区間がまだまだある。

大物を予感させる渓相が崖下に広がっていたり、魅かれるものがあります。
たっぷり時間をとって攻めてみたい。

スポンサードリンク

プロフィール

コテツ

Author:コテツ

HNを"kotechan"から"コテツ"へ改名しました!
<2015/04/19>

<2015年のフィッシュたち>
・ヤマメ - 22センチ(フライ)
・イワナ - 25センチ(フライ)
・ニジマス - 43センチ(フライ)
・アメマス - 40センチ(フライ)

<ベストフィッシュ>
・ヤマメ - 31センチ(フライ)
・イワナ - 39センチ(ルアー)
・ニジマス - 56センチ(ルアー、エサ)
・アメマス - 63センチ(フライ)
・オショロコマ - 25センチ(エサ)

カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。