上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

ちょっと印象に残った魚の話を。

渓流釣り覚えたての2007年の真夏、
道東の嫁さんの実家へ向かっているときです。

峠道の途中、釣りを我慢できなくなり適当に林道に入ると、
(右手に崖下の川を眺めながらの下り。結構恐い。)
自分がイメージしていたような山岳渓流の様相が広がっていました。

真夏なのに空気はひんやりとし、
大きな岩がゴロゴロ、段々になった急な川で、
岩盤を重ね合わせたような川底でした。
水量は多くて足を滑らせたら流されそうです。

おっかなびっくり岩にへばりつきながら
岩盤の切れ目や岩の陰にブドウ虫を送りこんでみました。
すると岩の下で魚がくわえたのがわかり、
1匹のヤマメを釣りあげました。
てっきりイワナが釣れると思っていたので意外。

そのヤマメを見てハッとしました。
かすかにウロコが青や深緑にキラキラと光って見え、
下手な例えですが青い金属にガラスコーティングをしたような。
少なくとも道央で僕が釣ったヤマメとは異なって見えました。

次の日、道東の釣りの先生にそのことを話したところ、
魚も日焼けして色が変わったりするよ、と教えてくれました。
山の中で日焼けしていない魚だったのだろうか?
このとき以来、こんなキレイなヤマメは見ていません。

後で地図を見て確認すると
豊似川の支流であることがわかりました。

写真を撮ってないのが悔やまれました。
チャンスがあればもう一度行ってみたいと思います。

スポンサードリンク

izari_2008040902.jpg

ヤマメ禁漁中ですが、ニジマスしか釣れたことがないので漁川に突撃。
フライフィッシングでチャレンジ。

いつものゲートから2つ目の橋と3つ目の橋の間をやってみました。
が、ダメでした。。
水温は9、10度あり、虫も結構飛んでいるんですがね。

釣る気マンマンのニンフオンリーでもダメだとは。
ここはまだ早いのかしら?
そういえば今回は先行者の車もゼロ。


izari_2008040901.jpg

おんぶカエルちゃんの集落には癒されました。

スポンサードリンク

プロフィール

コテツ

Author:コテツ

HNを"kotechan"から"コテツ"へ改名しました!
<2015/04/19>

<2015年のフィッシュたち>
・ヤマメ - 22センチ(フライ)
・イワナ - 25センチ(フライ)
・ニジマス - 43センチ(フライ)
・アメマス - 40センチ(フライ)

<ベストフィッシュ>
・ヤマメ - 31センチ(フライ)
・イワナ - 39センチ(ルアー)
・ニジマス - 56センチ(ルアー、エサ)
・アメマス - 63センチ(フライ)
・オショロコマ - 25センチ(エサ)

カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
スポンサードリンク
月別アーカイブ
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。